大使館からのプレスリリース

大使館からのプレスリリース

2018年6月20日から同22日にかけてドゥシャンベ市において開催された2018年から2028年にかけての「持続可能な開発の為の水」の国際行動十年に係わる国際ハイレベル会議のブリーフィングのプレスリリース

2018年5月28日、トジキストン共和国外務省において、2018年から2028年にかけての「持続可能な開発の為の水」の国際行動十年に係わる国際ハイレベル会議に向けたブリーフィングが行われた。

ブリーフィングは、スルトン・ラヒムゾダ・トジキストン共和国エネルギー及び水資源第一副大臣、ルクモン・イソマトフ・トジキストン共和国対外経済協力局長、ワフォ・ニヤトベクゾダ情報・報道・分析・外交政策企画局長により行われた。

この度のブリーフィングには、ドゥシャンベ市において認証された外交団、国際機関、地域機関、メディアそれぞれのトップや代表者が参加した。

トジキストン共和国政府のイニシアチブにより、2018年6月20日から同22日にかけ、持続可能な発展の為の水に関する行動と政治対話の促進を目的とする、2018年から2028年までの「持続可能な開発の為の水」の国際行動十年に係わる国際ハイレベル会議が国際連合や他のパートナーとの協力を得た上でドゥシャンベ市において開催される。

国家首脳、各国外務省やその他の関係省庁のトップやハイレベルの代表など、世界100ヵ国から1000名以上が参加予定となっている。国際連合、欧州安全保障協力機構、欧州連合、集団安全保障条約、上海協力機構、独立国家共同体、アラル海救済国際基金などの国際機関や地域機関、国際金融機関、開発パートナー、河川流域担当機関、市民社会、科学研究機関の指導者や代表者も会議に参加する予定となっている。

目標

本会議の主な目的は、持続可能な開発の第6次目標とその他の水に関連する持続可能な開発目標の適時かつ効果的な実施に対する意識を高め、2018年から2028年にかけての国際行動十年を世界、地域、国家レベルで実施する為の今後の歩みに関する議論となっている。

本会議は、2018年3月22日のニューヨーク市における第72回国際連合総会にて大統領により行われた、2018年から2028年にかけての「持続可能な開発の為の水」の国際行動十年の始動に係わるハイレベルイベントの議論の枠組みの継続とその範囲の拡大も目的としている。

本会議は、持続可能な開発の第6次目標が議論される国際連合の次期の持続可能な発展に係わる政治フォーラムの前段階として、水資源分野における持続可能な開発の目標と目的の達成に向けた取り組みの活性化と強化の為の具体的な勧告の策定に向けた適時的かつ重要な基盤を提供するものともなる。

また、モニタリング、資金調達、能力開発、イノベーション、技術、知識、ベストプラクティス、そしてネットワークやパートナー関係の構築による情報宣伝活動の推進などといった実施の為のツールに係わる議論も本会議にて行われる予定となっている。

期待される成果

本会議は、2018年から2028年にかけての「持続可能な開発の為の水」の国際行動十年、及び統合された水資源管理の推進、並びに持続可能な開発の第6次目標とその他の水に関連する持続可能な開発目標に対する支援活動の活発化への詳細な理解に貢献するものとなる。特に、本会議は、次の目標を設定されている。

2030年までの持続可能な発展アジェンダで概説された目標を含む、国際的に合意された水資源分野における目標を達成する為の国際行動十年行動計画を実施することに向け、政府、国際連合機関、国際機関、非政府組織、その他の関係者の努力を動員する 。

持続可能な開発の第6次目標とその他の水に関連する持続可能な開発目標に対する全てのレベルにおける注目度合いの向上。

持続可能な開発の第6次目標とその他の水に関連する持続可能な開発目標の達成の為の全てのレベルにおける協力とパートナー関係の協力の強化。

持続可能性の達成に対して水がどのように貢献するのかと持続可能性の欠如が水資源にどのように影響するのかということへのより良い理解。

「持続可能な発展の為の水」の国際行動十年の実施、及び水に係わる持続可能な開発目標の実施の為の今後の行動に対する勧告の提供。

「持続可能な開発の為の水」の国際行動十年の実施に係わるドゥシャンベ市における会議の役割の協議。

持続可能な開発の為の行動十年の実施の定期的なモニタリングと評価の基盤の確立の促進。

より詳細な情報は次のホームページに記載されています。www.wsdconf2018.org

会議への参加の申し込みの締め切りは2018年6月8日となっています。

14:35
Search
Explore Tajikistan
Videos
Announcements